等々力ダックスバドミントンへようこそ

川崎市中原区内でバドミントンをやってるサークルです。



Calender

04 | 2011 / 05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


プロフィール

DUCKS

Author:DUCKS
等々力ダックスバドミントンクラブへようこそ!




最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


検索フォーム


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


5月27日(金)の自主練習
今日は高津での自主練習です。

昨日から今朝にかけて参加しますメールがたくさんあり、13名の参加者でした

たくさんの参加嬉しいです
でもコートが1つしかないので工夫しての練習です。

試合で相手にやられてしまったなぁと思ったことを出来るようにと考えました。

まず皆さんが苦手そうだなと思った
「センターへ来たシャトル」のレシーブ

2対1でプッシュとレシーブを練習してみました。
センターに来たシャトルはお互いに呼吸をあわせてどちらも取れる体制にしておく必要があります。

それとレシーブは相手のいるところへは返さないように狙います。
基礎打ちしか練習しないと相手のいるところへしか返球できなくなります。
こんな練習を使って相手のいないところへ返せるようになるといいですね。

それと今日好評だった
「オールアタック&オールレシーブ」

アタック側はトップ&バックの体制、レシーブ側はサイドバイサイドの体制で始めます。

アタック側は相手のセンターを狙い攻撃します。
レシーブ側は相手のハーフを狙ってレシーブします。

ハーフを狙うという練習を今までしていなかったので、新鮮だったでしょうか?
浮かないショットを打つことも必要です。

試合などで活かしてくださいね。

ローテーションと自分の守備範囲を把握してもらうためにノックもしてみました。

2人が同じタイミングで立ち位置を変えないとコートに大きな穴をあけてしまいます。
ということは、相手のコートに大きな穴を開けることが出来れば有利になるということでもあります。
(2人が重なってしまっている状態)

シングルスと違いダブルスは横への移動が多いです。
(前後にも動きますけどね)

横への動きと、触らなければいけないシャトルはどれなのかの見極め。
これがこれからの課題の1つかもしれませんね。

いろいろ考えて上達してみましょ

6月もとどろきアリーナの使用ができません。
次回の練習は6月3日(金)9時から幸スポーツセンターでの自主練習となります。
場所取りはM吉さんがしてくださいます。
参加を希望される方は、M吉さんへ連絡をお願いします。
よろしくです。

【川崎市レディースバドミントン連盟からのお知らせ】
 先日郵送でお知らせが来ました。
 秋の大会よりゼッケンの大きさを神奈川県の大会と同じにするそうです。
 試合に参加される方はお手数ですが新たに作ることになると思います。
 (私のゼッケンサイズだと小さかったです)
 また試合の詳細が来たらお伝えします。






 +  OLD >